10年前と似たような感情 これは多分恋の病だ

感じたこと
スポンサーリンク

 

寝て起きたら感情が昨日より鮮明になってた。

やっぱりそうかと思った。

テレビ観ててもちょっとうわの空な感じ。

なんかポーッとしてる。

中学校卒業して1ヶ月くらいの間恋の病を患ったことがあったけど、それとすごく似てる。

ちょっと甘酸っぱくて、ちょっと切なくて、ちょっと苦しくて、ちょっと流れる時間がゆっくりで、ちょっといつもとは違う。

そんな色々なものが胸のあたりでモヤモヤしてる。

彼女はお日様。

道端の日陰に隠れている雑草をポッと照らしてくれる。

そんなあなたにどうやら恋心を抱いたみたい。

こんなこと、1ミリも予想してなかったな。

人生何があるか分からない。

だから楽しかったりもするのかな。

思ったけど、やっぱり自分の感情は否定できないよ。

でもね、心配事があってね、ちゃんと仕事できるんかなという…(笑)

恋モードになって、その普通じゃない状態で仕事をしたり、曲作ってレコーディングして絵を書いたりとかちゃんとできるのか少し心配^^;

いや、でもネガティブモードでこれだけやってきたから大丈夫か。

ほんと、つくづく思うけど、感情って良い面もあれば厄介でもあるなと思う。

「2、3ヶ月後の自分が何をしているか全く想像つかん」みたいなブログを最近書いたけど、まさしくそうやね。まさか恋心を抱いてこんな気持ちになるなんて思いもしなかった。

これを書いてたらちょっと気持ちがラクになった。ちょっとだけね。

相変わらずモヤモヤしてポーッとしてるわ。

こんな時にこそ恋の歌でも作れたらいいんだろうけど、そんな気分じゃないね(笑)

また会いたいな。

明るくて可愛いあなたにまた会いたい。

お日様のようなあなたに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました