日本の雇用制度はおかしいからアメリカを見習うべき

仕事

日本は一度正社員で雇ったら簡単に解雇はできない。

クビにできる基準がなかなか厳しいみたい。

アメリカなんかでは使えない社員はガンガン首を切っていくらしいね。

アメリカで働いてたらいきなりクビを通告されて、なんの準備もなしにその瞬間から荷物をまとめてオフィスを去っていくとか…。

日本じゃ考えられんわ。

でも、実際アメリカのこういう環境の方が正しいんじゃないかと思う。

まず企業にとっては優秀な社員を多く抱えてる方がいい。

だから使えない社員はどんどん切って、どんどん新しい優秀な社員を入れることは企業の力のアップに繋がる。

そして労働者にとっても首を切られやすい環境の方がいいと思う。

なぜかというと、首を切られやすい環境で労働者が首を切られるということは、その労働者の能力が企業で求められる水準に達してないということ、つまり労働者の能力不足が原因。(労働者の素行が悪いからクビなんてのは別として)

ここで働く側の精神的な話になるけど、能力不足で仕事についていけない、ミスも多くて仕事が思うようにできないなんてのは本人にとってはつらいことだ。

僕なんて仕事ができなさすぎてうつ病にもなったし、仕事ができないのに会社に居座れていることに対して会社に申し訳ないと感じる。

仕事ができなくてつらいっていう意見はよく見かけるし、だから積極的に労働者の首を切れるようにして労働者の能力に合った企業に出会うまで労働者を落とせるようにしていくべきだと思う。

自分に合ってない仕事を我慢してやり続ける必要なんてないだろう。

また、仕事ができなければ首を切られるという危機感が良い競争を生む。

企業にとって簡単に首が切れる環境になってるというだけで労働者の生産性が高くなると思う。

日本じゃ簡単に首を切れないから、多少怠けてても問題ないからね。

だから簡単に首を切れる環境というのは、結局は労働者のためにもなるし、当然企業のためにもなる。

そんなにすぐ首を切れるようにすると高い環境に身を置いてじっくり労働者が成長できないじゃないか!なんて言われそうだけど、能力なんて生まれてからのものである程度決まっている。

優秀な人は高い環境にいてもぐんぐん吸収してより優秀になるけど、能力の低い人はどうやっても無理なもんは無理。

だから切って切ってその労働者の能力に合うところまで落とす方がいい。

それにもし首を切られて切られて最終的に労働者が収まった企業のところで力が付いてもうワンランク上の職場に行きたいと思えるようになったら、その時にまた上を目指せばいい。

そういうことができない日本の雇用制度はおかしいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました