電車の中で初めてトリーチャー・コリンズ症候群の人を見た話

その他
スポンサーリンク

 

最近帰りの電車の中でトリーチャー・コリンズ症候群の人を見た。

電車のドアが開くと一目で(あっ、トリーチャー・コリンズ症候群人だ)と思った。

「顔ニモマケズ」という本を読んでこの症状のことを知っていたし、僕も障害を持ってる立場だから見た瞬間おしゃべりしたいなと思った。

 

 

親近感が湧いたというか、仲間意識みたいなものを感じた。

で、その人を見ると、普通の人と全く変わらない様子だった。

電車の入り口の背もたれにもたれてスマホでゲームをしていた。マスクで顔を隠すでもなく、周りの目を気にした感じがなかった。

つらい気持ちを乗り越えたのかなこの人。

周りの偏見や差別に晒されるのはやっぱりつらいことだよ。

友達になりたいなと思ったけど、僕は奥手な人見知りだから声をかけることもできず、結局二駅ほど行ってその人は降りて行ってしまった。

 

僕の経験なんだけどさ、周りと違うというのはつらいね。

周りが普通にできることができないというのはつらい。

仲間はずれというか、孤独感も押し寄せてくる。

なんでこんなことができないんだって自分も責めるし、どんどん悪い方向にハマっていく。

それでも悩みながら時間を経てそういう自分をだんだん受け入れていくものなんだろうけど、そのプロセスがめっちゃしんどい。

自分自身受け入れることができた部分もあるし、まだ受け入れることができてない部分もある。

なんでこんな風に生まれたんだろうって暗い気持ちになることもよくある。

だから、周りと違っていたり、障害を持ってる人のこういう気持ちを世間が分かってくれたらもうちょっとラクになるだろうになと思う。

だってこういう風に生まれつくことって自分じゃコントロールができないからね。

もしかしたらあなただって僕みたいに生まれついてそのことによって同じように苦しんでたかもしれないんだよっていう。

まぁ、正直言って分かってもらうことには無理があるとは思うけど…。

仕方ない。だってその人は健常者なんだから。

障害を持ってないから本当に障害を持っている人の気持ちは分からないからね。

別に理解できないからといって責めてるわけじゃない。

こればっかりは仕方ないことだと思う。

だからこそ、同じ境遇を持つ人たちで支え合っていくことって大事だと思う。

だから今この記事を書いてるっていうものある。

それと同時にこうやって少しずつ発信していって、小さなことからだけど、徐々に徐々に世の中の障害者たちへの意識が変わると良いなと考えてる。

最近世界中でLGBTの色々な運動が起こってるけど、これってLGBTの人だけじゃなくて、常にマイノリティ側にいる人たち全般にとってもすごく勇気が出ることだと思う。

自分もコミュニティ作ってこういうことやってみたいなとも思う。

そんな感じのコミュニティとして、こわれ者の祭典っていうのがあって、これに参加してみたいなと思ってるけど、最近やってないみたいだからまたぜひやって欲しいなぁ。(主催者、関係者の方見てたらよろしくお願いしますmm)

 

スポンサーリンク

後日談

その後、また電車の中で冒頭のトリーチャー・コリンズ症候群の人を見た。

で、話しかけようと思ったが結局できなかった。

しょぼーん。

まぁ、結局は人見知りなのも言ったら個性だよね(笑)

前向きに考えよう。

コメント