ゴムゴムのバズーカを食らったら、多分死ぬ

考察

 

ゴムゴムのバズーカが強すぎる。

あんなの食らったら一撃で死亡だろう。

ゴムパッチンの罰ゲームですらあれほど痛いのに、ゴムゴムのバズーカなんて食らって立っていられるやつは世界中にどれくらいいるのだろうか。

多分いないだろう。

首領・クリークの黄金の鎧を粉々に粉砕し、さらにブルーノの鉄塊・剛までも打ち破ったのは他ならぬゴムゴムのバズーカ。

そう、ゴムゴムのバズーカの前では防御力という概念は無意味だろう。

しかしゴムゴムのバズーカにも弱点はある。

高い攻撃力ゆえにロスが大きいのだ。

腕を後ろまで目一杯伸ばさないといけないし、そしてその伸ばした腕を引き戻さなければならない。

さらに筆者が最大の弱点だと思うところが、ゴムゴムのバズーカを外した後だ。

もしゴムゴムのバズーカをかわすことができたなら、ゴムゴムのバズーカの攻撃者は大きく体勢を崩すことになるだろう。

まさにここが狙い目だ。いわゆるカウンターというやつだ。ここを一気に叩く。

あまりに強すぎる攻撃ゆえ、リスクもそれなりに大きいのだ。

しかしゴムゴムのバズーカは食らったら確実に死ぬので、カウンターを狙いにいくかいかないかは本人の判断によるところだ。

まさに生きるか死ぬか。

しかしここが勝負師の醍醐味でもある。

筆者の助言がどれほど役に立つかは分からないが、なんとしてもあのゴムゴムのバズーカを打ち破ってほしい。

腹を括るのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました