人生で初めてHIV検査をしたが、とても手軽に受けることができて行って良かったなとすごく思う

レビュー
スポンサーリンク

 

先日、HIV検査(梅毒、クラミジア、淋病の検査も)を受けてきた。

早期発見ができれば普通の人と変わらず日常生活が送れるみたいで、検査は怖かったけど性病の症状が進行している自分を想像した方がもっと怖かったから、勇気を出して行ってきたよ。

検査自体は全然ビビるような内容じゃなかった。

検尿を提出して、採血するだけ。

健康診断の簡易版みたいな感じで、特殊な検査とかは何もなく、10分くらいで終了した。

検査は全然怖くない。

怖いのは検査結果の発表。

もしこれで自分がHIVにかかってたらとか考えると、どんよりする。

でも、最悪HIVにかかってたとしても薬を飲み続けることで普通に日常生活を送れる、つまり苦しんだり死んだりするわけじゃないから、いいかと開き直って検査結果発表の日まで過ごしたけど、さすがに当日はやっぱ緊張した。

ドキドキしながら待合室で待ち、番号が呼ばれて部屋に入り、検査結果を報告されたけど、結果はHIV -、梅毒 -、クラミジア -、淋病 -で全て問題なかった。

ホッとしたよ。もうフォッとした。

そして今回検査を受けて感じたけど、性病の検査や治療の体制はすごくしっかりしてるなと感じた。

まず検査は誰でも無料で受けられるし、希望があればカウンセラーの人にも話しを聞いてもらうこともできるし、性病が見つかれば病院を紹介してもらえ、保険適用で安く治療を続けることができる。

その上、何回も言うけど薬を飲み続けることで普段と変わらず日常生活を送ることができる。

もし検査をせずに知らないうちに症状が進行していくと、気がついたときには失明したり、神経が付随になったり、色々な病気にかかって最悪死ぬ。

そんな悲惨なことになるくらいならちょっとでも心配があれば検査は受けるべきだと思う。

それに実際に検査を受けたことで安心を得ることもできた。

ホント、検査に行っておいて良かったと思う。もし検査結果が悪くても、将来的にはあの時検査に行っておいて良かったなと思うと思う。

あと、待合室には色々な著名人のサインやメッセージが入った色紙が壁に掛けられてて、自分一人の問題でもないんだと思うと心が軽くなった。

しかも一回受けたらまた受けやすいし、そのうちにまた受けようと思う。

検査大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました