路上ライブやってたら警察に注意されて解散してたパフォーマーを見たけど、世知辛い世の中だなと思った

感じたこと
スポンサーリンク

 

昨日歩いてたら駅前の広場で路上ライブやってるバンドを見た。

いいなぁと思いつつ通り過ぎて近くの飲食店に入った。

その後飲食店を出て、もと来た道を帰ってたらさっきの駅前の広場に警察がいて、バンドが帰り支度をしていた。

どうやら警察に注意されて強制的に解散させられたっぽい。

警察によって強制的に解散させられるのって最近多いなと思ったら、道路交通法で定められてるみたいやね。

世知辛い世の中だなと思った。

個人的には路上ライブとかあった方が賑やかで楽しいのになと思うけど。

でも路上ライブが迷惑だと思う人って多いのかな。

もしガサツな演奏とか聴かされたら確かにたまらんもんな。

だから東京都は路上ライブに関しては許可制を取ってるみたいで、オーディションとかに受からないと路上ライブができないみたい。

まぁ、これはでも冷静に考えると頷ける。

クソみたいなただやかましいだけの音楽を人通の多いところでぶっ放されても公害でしかないもんな。

でも昨日の光景を思い出すと、やっぱ世知辛いなと思った。

許可を取ればいいんだろうけどね…。許可を。

路上ライブか。

大学生の頃やってたな。下校中の小学生相手に(笑)

仮に今俺が路上ライブをやろうとしても俺は許可なんて絶対取れないだろうね。きちがいだから。

まぁもう路上ライブなんてやる気ないけど。

コメント