吉野家につゆだく教育してもらいたい

感じたこと

 

吉野家には大学時代からよく行っている。

牛丼店では吉野家の牛丼が圧倒的に美味しい。

他のすき家とか松屋の牛丼とは格が違う。

大げさに言ってるんじゃなくて、本当にそれくらいの違いがあると思う。

僕は吉野家の牛丼が好きだけど、一つ気になる事がある。

つゆだくだ。

カウンターに座るといつも「牛丼並盛りつゆだくで。あと半熟卵で」というフレーズがお決まりのフレーズ。

そしてソッコーで牛丼が出てくるわけだが、つゆだくになってない事がよくある。

つゆだくって言ったのに、ケチってるのか知らんけど全然つゆだくじゃない時がある。

だから牛丼が到着すると、いつもまず箸でご飯をかき分けてつゆがだくだくになってるかを確認し、だくだくになってなければ店員さんを呼んでつゆを足してもらう。

牛丼とかサラダとか味噌汁とかを頼めば必ずその商品が運ばれるのに、なぜつゆだくだけキチンとつゆだくになっていないのだ?

つゆだくの基準が不透明だから仕方ないと言われるかもしれないが、明らかにつゆが下のご飯に少し染みているくらいしかない時もある。

つゆだくも毎回最高のつゆだくを提供してほしい。

吉野家には是非働く人につゆだく教育を行ってもらいたい。

最高の牛丼並盛りつゆだく一丁を俺は求めている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました