「金融破壊者たちの野望」を読んだけど、アマゾンのファンになったわ

レビュー

 

会社の社長から借りて「金融破壊者たちの野望」っていう本を読んでみたけど、よくよく考えるとアマゾンがこんなハイテクで大規模な会社になるなんて思ってもなかったな。

IT技術をフル活用して色んなことやってるなと思ってたけど、この本を読んで改めてアマゾンの凄さが分かった。

というよりもファンになったわ。

アマゾンがここまで成長したのには、顧客の利便性を追求しまくったことにあると思う。

だって便利やもん。

アマゾンで頼んだらすぐ届くし、何より安い。

日本のアマゾンって千葉県にある大きな一つの倉庫に全商品を詰め込んでるらしいね。

それであとは注文があればその倉庫から商品を配送する。

そりゃ価格でアマゾンには勝てんわな。注文も全部ネットで済むし、商品の管理も一箇所でしかしてない。

商品の販売方法もすごいけど、何よりITの技術力がすごい。

Amazon Goとかマジでビビったもん。

あと、IT技術を駆使して顧客データを集めることがこんなに重要なんだなと本を読んで気付かされた。

色んな会社が独自の決済手段を持っているのは、顧客データが宝の山だからということが分かった。

てかAmazon PayとかGoogle PayとかApple PayとかMicrosoft Payとか、なんちゃらペイっていうのがめちゃくちゃあるね。

今挙げてるのはアメリカの会社ばかりだけど、中国もすんごいね。

どんどん社会がキャッシュレスになっていくし、個人個人の信用度がスコアになってて、そのスコアによって良いサービスを受けれたりするシステムはすごいなと思った。

中国ってグングン成長するし、どんどん社会が変わっていくね。

やっぱ独裁国家だからなのかな。急激な変化の体質が染み付いているというか。

だから世界のこういう状況を見ると、日本って遅れてるなと思う。

最近期待できる日本の企業って言ったら個人的にはメルカリかな。使ったことないけど。

でもなんか色々やろうとしている感じで、これだけ一般にサービスが浸透してるし、日本版のアマゾンくらいになって日本のIT業界を引っ張っていってほしいな。

そのうちメルカリペイとか出たりして。

大企業が考えていることが分かってとても興味深い本でした。

みんながんばれがんばれえいえいおー

コメント

タイトルとURLをコピーしました