いきなりステーキのリブロースステーキ食べてちょっと元気が出た

食べ物
スポンサーリンク

 

仕事終わりにいきなりステーキ行ってきた。

食費を節約してるけど、自分にご褒美をあげずにはいられなくなって、駅からUターンして行ってきた。

結果行って良かったよ。

おかげでちょっと元気が出た。

やっぱり美味しい肉をガッツリ食べるとエネルギーが出てくるのかな。

さすがに値段も値段だから頻繁には行けんけど、疲れたり元気がない時にいきなりステーキに行くのは精神衛生を向上させるいい方法だと思う。

今日残業してたけど、その時の自分の姿勢がぐったりなってて、頭の中もゼリーで覆われ始めてた。

その日のうちにやらなくちゃいけない仕事があったけど、上司の計らいで帰っていいことになって帰った。

みんななんでそんなに働けるの?なんでそこまで元気があるの?

綱渡り。マジで綱渡りメンタル。

良いことなんか起これや!!!

なんでこんなに良いことが何にもないがなや!!!!!!

俺が高望みしすぎなだけ?自分の人生に期待しすぎ?

いや、それとは違う。

やっぱり根本的にうつ傾向っていうことなのかな。

あぁ、自己肯定感が低すぎる。あまりにも低すぎる。

生きてて何にも楽しくない。

いや、楽しくなくてもいい。

苦しみを味わいたくない。

生きてると苦しいことだらけ。

心が塞ぎ込むことの方が多い。

こんな人生生きててもしょうがないなと思う。

確かに苦しいことを経験した後は人間的に一皮剥けるのは事実。

でももういいよ。もう結構。

死ねクソ人生。

俺、不良になるわ。

今日吉田松陰について色々と調べた。

彼の塾がなぜあんなにも凄い人物を数多く排出したのか、それがなんとなく分かった気がする。なんとなくね。

俺もあんな先生に習ったらほぼ間違いなく魂が生まれ変わると思う。

彼の指導方法を見てたら、日本の教育はこれからの時代本当に変えていかなきゃいけないなと思った。

今の詰め込み教育は事務処理能力の優秀さを競ってる。

でもこの先AIが発達すると、事務処理系の仕事は全部AIに任せられるだろう。

そうなったら今の教育の意味ってなんなの?ってなる。

やっぱり今後は今のような詰め込み教育じゃなくて、吉田松陰のように個性を大切にする教育へとシフトしないといけないと思う。

個性なんて口だけで言ってる連中が多すぎるからね。子供の頃から根本的に意識を変えないとね。

てかほんと吉田松陰に感銘を受けた。あの時代にあんな人がいたんだと感銘を受けた。

今度松下村塾に関する本買ってもうちょっと色々知りたいと思う。

今後の俺は高杉晋作やな。

不良になって、松下村塾の勉強をする。

完全に高杉晋作やわ。

よっしゃおまいら見よれよ。

維新の風を吹かしちゃるッ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました