親がこの世からいなくなったら是非自殺したい

その他
スポンサーリンク

 

今自分がこの世で生きてるのって、親がいるからだと思う。

うつ病で自殺しようと思った時に踏みとどまったのは親の存在(親を悲しませたくないという思い)があってのことだし、現在進行形でしんどくて生きてるのにうんざりして死にたい時も、親がいるから死ぬという選択はしてないんだろうと思う。

でも親も二人とも還暦を超えてて、世間一般的に言うとあと10年〜20年くらいの寿命なのかなと思う。

親が死ぬ頃には自分は40前後くらいか。

こんなようごには今後良いことなんて何もないんだろうし、理不尽なつらさの方が圧倒的に多いと思う。

どう考えても自分じゃこの苦しみから逃れることは不可能。

絶対に無理だ。諦めたよ。もう無理。ギブアップ。

だから親がいなくなって自分が死んでも悲しむ人がいなくなったらもうさっさと死にたい。

でも、多分本当に死ぬと思う。

だってうんざり。本当に。

こんな人生生きてたら誰でも死にたくなっていずれ死ぬよ。

あぁ、もう無理。ごめんなさい。僕の負けです。

完敗。

自分の人生や自分を変えることは無理でした。

学生の頃や新卒の頃は世界を変えるんだとかほざいてたけど、自分ですらままならなかったね。

なんかしようかな。

だってようごのまま死んでいくのは損なだけやもん。

ああ、借金しまくって贅沢して自己破産して借金して贅沢しまくって…ってのを繰り返して人生なるだけ楽しもうかな。

そんなに都合よく借金できるか分からんけど。

せっかく生きてるんだから楽しいことせんとね。

こんなようごでも楽しいことできる余地があるんだったらできるだけ楽しいことしたい。

けどまぁもう何も期待はしてない。

無理。

まぁいいや。

今日早速風俗行ってくる。

ようごでも風俗ならとても楽しめる。

30万の手つかずの貯金はもう使いたい時にどんどん使う。

金までもう気にしてられん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました