女優が幸せの絶頂で泣いているAVを見てなんだか幸せな気持ちになった

感じたこと

一人暮らしの夜のお供。AV。

AVはエンターテイメントで、男性を楽しませるためにハデな演出で観るものを興奮の渦へと巻き込んでゆくが、今日、今まで観たことのないAVを観た。

というのも、女優が男優にうっとりしてて、繋がっている幸せを心と体両方から最大級感じているような映像だった。

いや、これ多分演技ではない。

観るからに女優は本当に幸せに浸っていた。

多分男優のことが好きなんだろうと思う。

普段インタビュー映像なんて一切観ないが、最後のインタビュー映像が気になって観てみたけど、すごく幸せだった感じが伝わってきた。

幸せすぎて涙が溢れてきてて、もっともっと欲しがっていた感じのあの映像は、すごかった。

なんだろう、こう、人間として生まれてきて、人間としての幸せに全て身を委ねている感じというか、これこそが幸せであるとでもいうかのような、そんな映像だった。

男優も前髪が長くて顔が全部見えなかったけど、見るからにブサイクじゃなかったし、若くて細身の優しそうな今風な男だったから、絶対女優の方が好きになってたと思う。

いやぁ、いいよねなんか。

お互い気持ちが通じあってる中であんなセックスができたら、一体どんな気持ちになるんだろう。

観てるこっちまで幸せのおすそ分けしてもらったような感じになったからね。

AV観て幸せのおすそ分けってなんやねんって話やけど。

多分心が通じ合って、愛し合ってるセックスっていうのは、この世で一番幸せな瞬間なんじゃないかなって思った。

多分瞬間としては一番幸せなんじゃない。

いいよなって思う。

まぁ無い物ねだりしても仕方ないけど、ああいうの観せられたらつくづくいいなと思う。

だからやっぱりソープはもう行きたくないのよ。

金でセックスを買う虚しさ、寂しさ。

何一つ心が通じ合ってないのに金で相手の体を買って海水を飲むかのごとく一時的に性欲を満たすがすぐにまた渇きが来る。

何も残らない。

ここ数ヶ月でソープ行った後はつらかった。

以前のようなスッキリした気分はなく、虚しさ、寂しさ、つらさだけが残った。

もう毎回18000円くらい出す価値もない。

いや、今の気持ちなら1円も出したくない。

いや、1円なら出すか。

2000円くらいまでなら出すけど、それ以上は出さん。そんな価値は今の自分にはない。

いやでもしんどさを感じるんだったらやっぱ1円も出したくないか。

まぁ、愚痴ばっか言ってないで、もうそろそろ自分のコンテンツ作り始めよう。

面白い、楽しい作品を作って、AVに負けないエンターテイメントを作るぞ。

自分の才能を注ぎ込んで、唯一無二の自分だけのコンテンツを作っていくぞ。

てかブログばっか書いてないでそろそろ本当に音楽作ったり絵描いたりしたいからテーマ考えよ。

なんだか今は愛について描きたいな。

愛なんて知らんけど。

でも知ってるから描けるなんてのは大間違いであって、じゃ誰もSP作品なんて作れないし、常識から外れたユニークな面白い発想も出てこなくなる。

まぁいいや、とりあえず明日は健康診断で朝ごはん食べれんから、昼食はいきなりステーキでがっつり肉食べてくる。

ソープ行ってないからこれから金が貯まるから食費を豪華にできるんだわね!!!!

どんなもんや!!!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました