決定版!歴史を学ぶ意味はこれだ

考察
スポンサーリンク

 

僕は歴史が好きです。

実際に学生の頃の歴史のテストはいつも高得点でしたし、現在でもプライベートで歴史に関する本はちょくちょく読みます。

歴史の何が面白いかと言われれば色々と理由はあるのですが、一言で説明すると、「ロマン」ですかね。

は?ってカンジでしょうが、本当にロマンなんですよね…(笑)

過去の人たちの激動の時代を生き抜いていく上での想いや、今は静かな土地だけど昔あった大きな出来事などに思いを馳せると、体の内側からアツいものが込み上げてきます。

と、ここまで語って歴史好きの人であれば共感してもらえると思いますが、歴史嫌いの方からすれば全く響いてこないんじゃないかと思います。

確かに、ロマンとか言われてもそれだけじゃ歴史を学ぶ意味なんて見出せません。

現に僕は数学が大嫌いで、あんなもの勉強したって何の役にも立たんやんと思っていました。

やはり何かを勉強する上で、それを勉強する意味を知るというのは大事なことだと思います。

なので僕の考えている歴史を学ぶ意味を書いていきたいと思います。そして歴史を学ぶことって価値があることなんだと思っていただければよいなと思います。

失敗の宝庫 成功の宝庫

僕は今よりも良い人生を送るためには失敗が必要だと思っています。

失敗が必要というか、どうしても失敗するリスクが出てくると思います。

なぜならば今よりも良い人生を送ろうと思えば何かしらの行動を起こす必要があります。チャレンジですね。

そしてチャレンジをするということは、成功する可能性もあれば失敗する可能性もあるということです。

成功はしたいけどできれば失敗なんてしたくない。

なるべく失敗をしないようにするにはどうすれば良いか。

僕は、何かにチャレンジをする上での判断材料が増えれば、判断材料が無いよりも成功する確率は高くなっていくと思います。

その判断材料というのは知識や経験です。

そしてもし、判断材料が経験だけということになると、たくさんの失敗の経験を積み重ねないと判断できない、つまりたくさん失敗をしないといけないということになります。

経験だけに頼るとそうなってくると思います。

しかし知識を得ると実際に失敗の経験をたくさんしなくても、こういうことをすればこういう失敗になっちゃうのかと知ることができ、事前に回避策を取ることができるようになります。

そしてその失敗の知識はどういうところで学べるかというと、歴史で学ぶことができます。

歴史とは人間の歩みであり、人間がやってきたことには様々な失敗があります。

例えば今僕たちが日本で平和な現代を生きていけてるのは、過去に大きな過ちを犯したことが大きな要因になっています。

たくさんの争いがあって、悲しいことがいっぱい起きてしまった。

だからもうそんなことは起こさせないという反省があって、今の平和な世の中があります。

失敗に学ぶことで、より良い人生を作る道が開けると僕は思います。

また、失敗だけでなく歴史では昔の人の成功も学ぶことができます。

成功に関するノウハウを得てそれを実際の生活で活用するもよし、過去の偉人の成功に勇気を貰いモチベーションを昂ぶらせるのもよしです。

自分がわざわざ経験しなくても、歴史を紐解けば人類の失敗や成功を学ぶことができる。

まさに人生の教科書と言っても過言ではないのが歴史だと思います。

いい未来を作ろうと思えば、過去から学ぶ必要が出てくるのです。

過去から学ぶって?

歴史とかいう壮大なものじゃなくていいです。日常生活とかでいいです。

飲食店に行ってまずい料理食べた!という状況があったとします。

もう一度その店に行きますか?

まぁ、行かないと思います。

つまりもうその店でまずい料理を食べなくていいということです。

もし過去から学ばなければまたその店に行った時にまずい料理を食べて嫌な思いをしなければいけなくなります。こんな人いないでしょうけどね。極端な例ですが。

過去から学ぶって結構大事なことなんだなと感じてもらえれば恐悦至極に存じ上げ奉り候(文法合っとる?)

まとめ

以上のような観点から僕は歴史は日常生活でも実用性のあるものだと思っています。

物事を考える時に歴史上で実際に起こったことの知識、歴史上の人物の考えたことの知識等があれば、判断しやすくなると思います。

これを書いてて思ったのですが、歴史を学べば生きていく上での知恵がつくという感じじゃないかと思います。なんてったって僕たちと同じ人間が歩んできた縮図ですからね。

それに良い言葉を残している人もいっぱいいます。

僕は歴史上の人物の言葉に励まされたことは何度もあります。

歴史!実用的すぎる!!

それでも歴史ってちょっとニガテだな……と思っている方には、歴史をストーリーで勉強してみることをオススメします。

歴史というのは物語であって、ある種アニメや映画、小説のようなものです。

様々な境遇や人間関係にも負けず力強く自分の目標に近づいていくという、まぁ言わばサクセスストーリー的なものは結構みんな見ていて面白いんじゃないかなと思います。

なのでテストに出てくる範囲の人物を一人選んで、その人の人生について色々と調べてみるのも良いんじゃないかなと思います。

その人物の人生を追っていくうちに、

「この人って幼少期はこんなフヌケだったんだ」

とか、

「この人すごいことしたみたいだけど、めっちゃ浮気してるやん^^;」

とか、その人物の意外な私生活や波乱万丈の人生に興味を引かれることもあるかもしれません。

そうなるとその人を中心に他の出来事も頭に入ってきやすかったりするのかなとかちょっと思いました。

マンガで歴史を読むのもいいと思います。

絵だから登場人物とかが頭に入りやすいですし、何より読んでてフツーに面白いと思います。

というか僕は学校の歴史の授業はマンガでやればいいと思っています。そうすればマンガなので授業が面白くて頭に入ってきやすいですし、歴史の授業に特別感が出て歴史好きになる人が増えるんじゃないかと思うのですが。

まぁ何はともあれ、この記事の見て歴史に興味が出てきたという人が増えれば歴史好きにとってとても嬉しいです\(^o^)/わーい

コメント

タイトルとURLをコピーしました