YouTubeの新しいチャンネル作った

日記

新しくチャンネル作った。

Taro
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

今日の朝チャンネル作ったらチャンネル作成日が2020年2月1日になってたから一回消して数時間後にもう一回チャンネル作ったら作成日が2020年2月2日になった。

チャンネル作成日がアメリカ基準なんてそんなの知らん。

で、また動画投稿していくつもりやけど、音楽だけやね。

商品レビューとかはもうやらんし、弾き語りとかももうやらん。

まぁ、音楽の見せ方に関しては今頭の中でイメージを固めつつあるところ。

それにYouTubeに全力を注ごうとは今思ってない。

色んな手段を使えればと思ってる。

音楽が配信できるサービス色々見てて思ったけど、やはりこれからの時代音楽の聴き方はサブスクが主流で、みんな幅広く音楽を聴くようになっていくんだと思う。

Bandcampっていうアーティストの音楽を売買できるWebサービスがあるらしいけど、こうやって特定のアーティストの音楽を購入するのはコアなファンによるもので、一般的な行動ではなくなってくると思う。

なくなってくるというか、もう既にそうなってはいるね。

だからサブスクは普通にそのアーティストが好きであったり、たまたま聴いてみた人とかがリスナー層で、アーティストの楽曲を購入する人はコアなファン層(そのアーティストを支援したい人)って感じの構図になると思う。消費者の構図としては。

CDが売れないとは近年ずっと言われているが、CDはもう今の時代完全にコアなファン向けのコンテンツだろう。

だからSpotifyとかはそのまま継続はするけど、Bandcampとかも始めてみようと思う。

ライトな層にもコアな層にも広くアプローチしていきたい。

サービスの方向性は固めておく必要があるが、そのサービスに触れさせる機会は色々な層に提供した方がいいと思うし。

だからとりあえず今回のYouTubeだけじゃなく、あらゆるサービス使ってみようと思ってるわ。

なんかようやく音楽と時代を結びつけて考えれるようになってきたと思うけど、なんだかビジネスチックだなと思うね。良くも悪くも。

まぁ俺は運が良かった側の人間じゃなかったから、今後こうやってビジネスチックにやっていくしかないけどね。

でもまぁ面白そう。

とりあえずブログの記事に割こうと思ってたリソースはちょっと音楽の方に割き直ししたい。

今のところ音楽とブログが同じくらいな割合になってるから、ちょっと音楽作る方を頑張らんとな。

よしまたがんばろ。

ちょっとずつちょっとずつやる気になっていってる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました