日本一わかりやすいiPhoneプログラミング入門解説1巻〜準備編〜

プログラミング
スポンサーリンク

 

アプリを作ってみたいがどうすればいいか分からない。

そんな人のためにこんな感じでアプリ作るんだよ〜というのを解説します。

アプリ開発の壁を熟知したゴミプログラマーの僕が初心者の視点に立って分かりやすく解説することを心がけます。

なお、iPhoneアプリ開発の解説なので、Macを持っていることを前提で話を進めていきます。

スポンサーリンク

まずはiPhoneアプリを作る環境を整えよう

まずiPhoneアプリを作るためにはXcodeというツールが必要です。

このツールを使ってiPhoneアプリを作るのですが、このツールはMacでしかダウンロードできません。なのでiPhoneアプリ開発にMacが必要なのです。

では早速Xcodeをダウンロードしてみましょう。

App Storeを開き、下の画像の赤枠で囲った検索欄に「xcode」というキーワードを入れて検索します。

すると、一番左上にXcodeが出てくると思うので、Xcodeのアイコンをクリックし、「インストール」と書かれたボタンをクリックしてXcodeをインストールします。

インストールが終わると下の画面のように「インストール」ボタンが「開く」ボタンに変わります。

そのまま「開く」をクリックして、Xcodeを起動してみましょう。

ようこそアプリ開発の世界へ

ほら、Welcome to Xcodeですよ。

開発者たちはあなたを歓迎しています。

そのまま「Create a new Xcode project」をクリックします。

すると以下のような画面が表示されます。

最初から「Single View App」が選択されていると思うので、このまま画面右下のNextボタンを押します。

すると次に色々と入力するための画面が表示されますが、とりあえずは以下の画像のように設定すればOKです。

全ての項目の入力を終えたらNextボタンを押します。

するとiPhoneアプリ開発に関連するファイルをどこに保存するか聞かれるので、自分の好きなところを選びます。

今回は以下のようにDesktopに保存してみましょうか。

Desktopを選んだら、Createボタンを押します。

これで、デスクトップに今回作るiPhoneアプリのプロジェクトが保存されます。

そしてXcodeの画面が開きます。

以下のような画面が開けば、いよいよ実際にこの画面上でiPhoneアプリが作れます。ガチで作れます。

準備はこれで終わりなので、次回からは実際にアプリを作っていきましょう。

普通にアプリを動かすくらいなら想像しているよりも全然簡単なので、簡単すぎて少し拍子抜けすると思います。

ではまた!お楽しみに

次 → 日本一わかりやすいiPhoneプログラミング入門解説2巻〜レイアウト編〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました